西目屋村の物件情報

空き家情報

空き地情報

 

西目屋村のご紹介

白神山地

西目屋村は、津軽地域の西部に位置し、四季折々に表情を変える豊かな自然に囲まれ、広大で原生的なブナ林をいだく世界自然遺産白神山地と東北地方でも有数の大きさを誇る津軽ダム・津軽白神湖を有する村として、「世界遺産と水源の里」をキャッチフレーズに自然と共生した地域づくりが進められています。

 

白神山地の世界遺産核心地域(コア・エリア)は入山が制限されていますが、西目屋村には1981年に県立自然公園に指定された暗門の滝を中心とした、緩衝地帯(バッファー・ゾーン)が広がっており、世界遺産の径ブナ林散策道など誰でも気軽に世界遺産に触れることのできるANMONエリアがあります。 津軽ダム

 

水陸両用バス 平成28年10月、国直轄の津軽ダム建設事業が竣工を迎え、津軽ダム・津軽白神湖が誕生しました。観光地として注目されるようになり、来訪者の受け入れのため、水陸両用バスの運行や津軽ダム周辺の4つの公園の整備、ダム見学ツアーなど、ダムを観光資源として活用するダムツーリズムの推進に、重点的に取り組んでいます。

 

西目屋村へのアクセス

西目屋村へのアクセスについて詳しくはこちらをご覧くださいこのリンクは別ウィンドウで開きます

上部へ 前へ戻る