弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 陸 羯南
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 陸 羯南

ここから本文です。

陸 羯南

津軽の文学者たちトップへ

 くがかつなん
陸 羯南
年齢 経歴

安政4年(1857年)

0歳 弘前市在府町の父謙斎、母なほの次男として、中田家に生まれる。巳之太郎、のち實。
明治4年(1871年)  14歳 工藤他山塾に学ぶ。詩文をよくし羯南と号す。
明治6年(1873年) 16歳 東奥義塾に入学。英学を学ぶ。
明治9年(1876年) 19歳 上京し司法省法学校に学びながらフランス語の学習を始める。
明治12年(1879年) 22歳

寄宿生の賄征伐事件で退校処分となり帰郷。

青森新聞社に入社。

絶家の陸家を再興して戸主になる。

明治13年(1880年) 23歳 北海道紋鼈製糖所に入る。
明治14年(1881年) 24歳 再び上京。仏語の翻訳で生計を立てる。
明治16 (1883年) 26歳

6月、太政官文書局に入る。

加藤拓川の甥・正岡子規を知る。

明治22年(1889年) 32歳

2月、新聞『日本』を創刊する。

政府の条約改正などに反対する。

明治29年(1896年) 39歳 新聞紙条例違反などで新聞『日本』の発行停止処分30回230日に及ぶ。
明治34年(1901年) 44歳

7月、近衛篤磨に従い支那・朝鮮旅行に出る。

9月帰京する。

明治36年(1903年) 46歳 6月、欧州旅行に出発する。
明治37年(1904年) 47歳 1月、帰国。2月、日露戦争が起こる。
明治39年(1906年) 49歳 6月、日本新聞社を譲渡する。
明治40年(1907年) 50歳 9月2日、療養先の鎌倉で死去。

  

生い立ち

安政4年(1857年)10月14日、中田謙斎の次男として弘前・在府町に生まれる。巳年生まれなので巳之太郎と名付けられたが、後に実と改める。父は弘前藩の茶道役坊主頭。明治4年(1871年)、弘前五十石町の工藤他山塾に入る。

 

修学時代

明治6年(1873年)、東奥義塾に入学、英学を学ぶ。翌年中退し、9月に宮城師範学校へ入学。2年後の3月に校長と衝突、卒業を前に退学し上京する。明治9年(1876年)7月に、司法省法学校(東京帝国大学法学部の前身)へ入学、フランス語を学ぶ。同窓生に原敬、加藤恒忠(拓川)、福本誠(日南)ら。

明治12年(1879年)4月、寄宿生の「賄征伐事件」の処罰について抗議し、原敬ら15名と共に退校処分となる。

 

青森新聞社から紋鼈へ

明治12年(1879年)4月、退校処分のあと帰郷して青森新聞社に入り編集長として県政批判の記事を書き罰金10円を申し受ける。9月、弘前の陸治五兵衛の絶家を再興、陸姓を名のる。

翌3月、本多庸一、菊池九郎らと、国会開設の建白書の草案にかかわる。9月、青森新聞社を辞し、北海道紋鼈製糖所に入る。

 

太政官文書局の官吏

明治16年(1883年)6月13日、太政官御用掛となり文書局勤務となる。文書局とは「官報」発刊に備え、この年の5月に設置されたばかりの局である。
月俸給50円であった。
ちなみに文書局文案課には原敬がおり明治16年(1883年)11月の時点で、原の方が羯南より地位が上であった。
官職に就き生活が安定し明治17年(1884年)2月に、今居てつと結婚する。
明治21年(1888年)3月、内閣官報局編集課長を、依願退職。同年4月『東京電報』を創刊し主筆兼社長となる。

問い合わせ先

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前市立郷土文学館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る

';