弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 福士 幸次郎
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 福士 幸次郎

ここから本文です。

福士 幸次郎

津軽の文学者たちトップへ

ふくしこうじろう
 福士  幸次郎
年齢 経歴
明治22年(1889年)  0歳 11月5日、弘前市本町59番地に、父慶吉、母ハルの四男として生まれる。
明治29年(1896年) 7歳 青森市莨町尋常小学校に入学。
明治34年(1901年)  12歳 青森市浦町高等小学校に入学。
明治36年(1903年)  14 県立第三中学校(現青森高等学校)に入学。
明治38年(1905年) 16

2年修了直前、教師と衝突して退学。

厳冬の山形の母の所へ出奔。8月、上京。

明治39年(1906年)  17 開成中学を中退し、国民英学校(夜間部)に入学。
明治44年(1911年) 22 秋田雨雀の紹介で、佐藤紅緑方に寄寓する。以後、紅緑と終生交流を続ける。
大正3年(1914年) 25 詩集『太陽の子』を洛陽堂より出版。
大正6年(1917年)  28

紅緑に勘当されたサトウハチローを伴い、小笠原諸島父島で暮らす。

大正8年(1919年)  30歳

谷中・臥龍館から、府下滝野川田端543番地に転居。11月、片岡梅枝と結婚。弘前に一戸謙三らによる「パストラル詩社」が結成され、指導にあたる。

この頃、サトウハチローが同居する。

大正9年(1920年)  31歳 第二詩集『展望』を新潮社より刊行。
大正12年(1923年)  34歳 9月、関東大震災に遭い、一家をあげて帰郷する。
大正14年(1925年)  36歳 東奥義塾の国漢講師となる。
大正15年(1926年)  37歳 1月、退職。2月「地方主義の行動宣言」を発表する。10月、青森日報社に主筆として迎えられる。高木恭造と出会う。
昭和3年(1928年)  39歳 6月、地方巡歴の旅に出る。
昭和8年(1933年)  44歳 甲信越、北陸地方を半年にわたり踏査する。
昭和17年(1942年)  53歳 『原日本考』を白馬書房より刊行。

昭和21年(1946年) 

57歳

富山市に選挙の応援に出かけ、病を得て帰郷。10月11日、兄の疎開先、千葉県舘山市にて死去。

誕生と少年時代

明治22年(1889年)11月5日、父・慶吉、母・ハルの四男(戸籍上は三男)として弘前市本町59番地に生まれる。
初め寿平と名付けられたが、兄・民蔵の反対で幸次郎と改められた。父は弘前市元寺町の「柾木座」の座付き俳優で、市川森五郎と名のっていた。
幼い頃に、生地弘前を離れて苦労を重ねた幸次郎は、一旦信じた事はやり通すという強情さを持つ子供だった。青森県立第三中学校(現青森高等学校)2年の1月末、教師と衝突して(教師のあだ名の問題で登校拒否)3月、大吹雪の中、無断で津軽を飛び出し、冬の奥羽山脈を横断、母と兄のいる山形へ辿り着くなど、テンポ(無鉄砲)でジョッパリ(頑固)な少年であった。

佐藤家との交流

佐藤紅緑(洽六)方に、寄寓した幸次郎は仕事の他に生活面でも紅緑と深い繋りをもつ事になる。紅緑の離婚問題から長男ハチローへの理解と指導など、紅緑との交流は終生続いた。 はちろーとこうじろう

詩壇での活躍

明治42年(1909年)から、詩の実作を始めた幸次郎は、「自由詩社」の同人となり、活発な詩作活動に入り、詩誌や文芸誌に作品を発表し、大正3年(1914年)の詩集「太陽の子」の発刊によって詩人としての確固たる地位を得た。

また、その語学を生かした翻訳物も多数ある。

太陽の子

東奥義塾と幸次郎

関東大震災で被災した幸次郎は家族を連れて帰郷、菊池仁康の世話で板柳や新和村(現弘前市青女子 竹浪政夫方)に居を定めたが、この間、招かれて東奥義塾教師となり国語、漢文、作文を教えた。短い期間だったが生徒たちに大きな影響を与えた。 わらはど

地方主義行動宣言

大正8年(1919年)年ごろから「詩作活動を放棄し、思想の追求と批評に従う」と宣言した幸次郎は、大正15(1926)年2月「地方主義の行動宣言」を発表した。「生活や文化は、地方の伝統に基づいて生まれるべきだ」というその主旨には、郷党の若い人たちに共感を持って迎えられ、石坂洋次郎、一戸謙三、斎藤吉彦、木村弦三、松井泰ら多数が同人に加わり、それぞれの立場や分野で活躍、数多くの地方文化が花開いた。

調査と研究

大正12(1923)年ころ、大和地方を巡った幸次郎は、古代人の生活に感激、その後柳田国男へ民俗学の指導を仰いでいる。また奥羽地方奥地で鉄の文化の研究に当たり、やがて越後、越中、加賀などの調査に回って山野を逍遥、浮浪者と間違えられるなど苦労を重ねるが、これが後に「原日本考」として纏められた。 原日本考

晩年

長い間の放浪と踏査旅行が原因で、極度に衰弱した幸次郎は、兄の疎開地である千葉県館山市に転地して保養に努めていたが昭和21(1946)年10月11日の未明、兄夫婦と妻に見とられながら死去する。

最期の言葉は「兄さんありがとう」であった。

告別式寄書

 

3つの文学碑

幸次郎の没後10年目の昭和30年(1955年)年11月5日、かつてよく踏査旅行をした愛知県尾西市善福寺に、尾張福士会の尽力で「福士幸次郎先生原日本考発想の地」の記念碑が、また、同32年(1957年)10月13日には、弘前不串会によって弘前公園三の丸に、「鵠」の一節を刻んだ文学碑が建てられた。また同47年(1972年)11月14日、十和田市北園小学校では、創立20周年を記念し、子供達のためにと「太陽の子」の碑を建てる。 除幕式

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前市立郷土文学館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る

';