ひろさき100ストーリーズ
トピックス
動画コンテンツ(Youtubeチャンネル)
写真コンテンツ
メディアチャンネル
弘前PR応援サポーター
シティプロモーションについて シティプロモーションブック
facebook twitter youtube

下川原焼

【STORY60】下川原焼

ningyou.jpg

下川原焼土人形は、文化年間(1804年~1814年)に、9代藩主寧親(やすちか)が津軽の地に玩具が少ないことを憂いて、下川原にあった藩窯の陶師、高谷金蔵、太田粂次郎らに作らせたのが始まりといわれています。

主に焼物を焼けない冬期間を利用して作られていたものが、廃藩後は禄を失った武士たちが本業 として、種々の人形を作り、隆盛を極めました。

現在では約200種の型があり、特に「鳩笛」「雛人形」などが親しまれており、すべて手作りとなっていま す。


hirosakicity_banner.jpg 

 

 

20160805180425.jpg

 

20170113112614-74230c6c726396f3eb1e744fc1b036b7b89042fb.jpg

 

takamarukun_s.gif

 

ringokingdom_180.jpg

 

power_apple.jpg

 

社団法人弘前観光コンベンション協会

 

ひろさき街歩き

 

岩木山観光協会

 

kougei.jpg

 

bussan_banner.gif

tsugarunavi_banner.gif

CNT00704052106556405_banner.png

弘前商工会議所