弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ > 弘前市における新型コロナウイルスワクチン接種について
現在の位置: 弘前市トップ > 新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ > 弘前市における新型コロナウイルスワクチン接種について

ここから本文です。

弘前市における新型コロナウイルスワクチン接種について

これまでの実施状況 ※R3.11.15更新

弘前市では、市内約100の医療機関の協力により、令和3年5月31日から一般の65歳以上の高齢者の方へのワクチン接種を開始し、その後64歳以下の基礎疾患を有する方及び高齢者施設等に従事されている方へのワクチン接種を6月16日から開始しました。

その後、弘前方式として一定の職種に従事されている方の先行予約を6月23日から開始、6月29日には12歳以上の64歳以下の全市民へ接種券を送付、そして6月30日以降は全ての職種に先行予約対象を広げ、ワクチン接種を加速させてきました。

国からのワクチン供給量が大幅に減少したため、7月7日以降、1回目のワクチン接種を申し込まれた方は接種日を定めない「仮予約」としていましたが、現在は「鳴海病院」、「健生病院」、「健生クリニック」で接種を進めています。

詳細はこちら

なお、1回目に武田/モデルナ社ワクチンを接種した方のうち、一定の条件に該当する方は、所定の医療機関でファイザー社ワクチンの接種(交互接種)が可能となっています。

詳細はこちら

市としましては、引き続き関係機関と連携・協力し、希望する全ての市民の接種が11月中に終了できるよう努めてまいります。

新型コロナウイルスワクチンについて

ワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。接種を望まない方に接種を強制することはありません。また、受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

詳しくはこちら

また、ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合はあります。ワクチンを接種して免疫がつくまでに1~2週間程度かかり、免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。さらに、ワクチン接種後も密の回避やマスクの着用、消毒の励行などは必要です。

詳しくはこちら(1)
詳しくはこちら(2)

しかしながら、新型コロナワクチンは、感染を防止し収束に向かわせる切り札であり、2回の接種によって、高い効果が認められています(※発症予防効果約95%。なお、インフルエンザワクチンの有効性は約40~60%)。

また、新型コロナウイルスワクチンにつきましては、国内外の数万人のデータから、発症予防効果などワクチン接種のメリットが副反応などのデメリットよりも大きいことを確認し、皆さまに接種をお勧めしていますので、予防接種を受けられる方は、こういった効果とリスクを理解いただきながら、接種をご判断いただきたいと考えています。

詳しくはこちら

その他(参考)

ファイザー社製ワクチンの特徴、注意事項等について

詳しくはこちら

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る