弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ > 感染予防と感染拡大防止のために
現在の位置: 弘前市トップ > 新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ > 感染予防と感染拡大防止のために

ここから本文です。

感染予防と感染拡大防止のために

感染リスクが高まる「5つの場面」

新型コロナウイルス感染症対策分科会により、これまでのクラスター分析で得られた知見から
・感染リスクが高まる「5つの場面」
・感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫
が提言としてまとめられました。

新型コロナウイルス感染症対策推進室(内閣官房)に公開されておりますので、感染リスクが高い行動を避けていただき、クラスター連鎖を抑えて、感染拡大防止にご協力をお願いします。

 

5scenes

 

感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫

利用者のみなさんへ

  • 飲酒をするのであれば、

①少人数・短時間で、
②なるべく普段一緒にいる人と、
③深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。

  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。(正面や真横はなるべく避ける)

(食事の際に、正面や真横に座った場合には感染したが、斜め向かいに座った場合には感染しなかった報告事例あり。)

  • 会話する時はなるべくマスク着用。

(フェイスシールド・マウスシールドはマスクに比べ効果が弱いことに留意が必要。)

  • 換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店で。
  • 体調が悪い人は参加しない。

 

お店のみなさんへ

(例えば、従業員の体調管理やマスク着用、席ごとのアクリル板の効果的な設置、換気と組み合わせた適切な扇風機の利用などの工夫も。)

  • 利用者に上記の留意事項の遵守や、接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードを働きかける。

飲酒の場面も含め、全ての場面でこれからも引き続き守ってほしいこと

  • 基本はマスク着用や三密回避。室内では換気を良くして。
  • 集まりは、少人数・短時間にして。
  • 大声を出さず会話はできるだけ静かに。
  • 共用施設の清掃・消毒、手洗い・アルコール消毒の徹底を。

寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント

coldregionPDFファイル(108KB)

新型コロナウイルス感染症の"いま"についての10の知識

 厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症に関する現在の状況とこれまでに得られた科学的知見について、新たに10の知識としてとりまとめました。
 新型コロナウイルス感染症の発生をさらに抑えるためには、1人ひとりが最新の知識を身につけて正しく対策を行っていただくことが何よりも重要です。ぜひご覧下さい。

・(10月時点)新型コロナウイルス感染症 の“いま についての 10 の知識PDFファイル(2740KB)

 

冬のコロナ対策へのご協力のお願い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、内閣官房内閣広報室において会食時のコロナ感染予防のポスターを作成しておりますので、感染予防にご活用ください。

 

毎日できる感染予防対策

新型コロナウイルスへの感染は、ウイルスを含む飛沫が口、鼻や眼などの粘膜に触れること、または、ウイルスがついた手指で口、鼻や眼の粘膜に触れることで起こります。

感染を予防するためには、飛沫を吸い込まないよう人との距離を確保し、会話時にマスクを着用し、手指のウイルスは洗い流すことが大切です。

 

リーフレットのデータはこちらからダウンロードしてご活用ください。

リーフレットデータPDFファイル(357KB)

 

1.人と人との距離をとる

2.マスクをつける

3.こまめに手を洗う

 

 

さらに、身の回りにあるモノを消毒することで手指につくウイルスを減らし、結果として感染の可能性を減らすことが期待できます。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

 

新型コロナウイルスの感染を心配されている方へ

濃厚接触者とは

  • 感染が確定した患者(無症状の感染者を含みます。以下「患者」)と、感染可能期間(※1)に接触した人のうち、下記に該当する人は感染する可能性が高く「濃厚接触者」と呼ばれます。

※1 陽性が確定した検査日の2日前から、入院・自宅待機開始までの期間 

 

「患者」と同居、あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
適切な感染防護なしに「患者」を診察、看護もしくは介護していた者
「患者」の気道分泌液(鼻水や喀痰等)、もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、マスク着用や手指消毒などの必要な感染予防策なしで、「患者」と15分以上の接触があった者

<周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断されます>

 

cl_2

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

新型コロナウイルス感染症に関する感染症の特徴や予防方法など、一般的な相談や問い合わせについては

1.青森県新型コロナウイルス感染症コールセンター

TEL:0120-123-801(フリーダイヤル)

受付時間 24時間対応(土日・祝日含む)

2.厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

TEL:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間午前9時~午後9時 (毎日対応)

3.聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での御相談が難しい場合

FAX:03‐3595‐2756

 

感染が疑われる場合

次の症状がある方は、弘前保健所「帰国者・接触者相談センター」(TEL:0172-33-8521)にご相談ください。

少なくとも以下のいずれかに該当する場合にはすぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  •  息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。

症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

 

<妊婦の方へ>
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。
 
<お子様をお持ちの方へ>
小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

 

弘前保健所でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。受診の際はマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

問い合わせ先

担当 新型コロナウイルス感染症対策室

電話 0172-40-2636

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症対策 特設ページ

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る