弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 新中核病院
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 新中核病院

ここから本文です。

新中核病院の整備を推進します

 弘前市を含む津軽地域保健医療圏域における新中核病院の整備については、圏域の一部自治体病院の利用率の低迷や民間病院の医師不足等による病院群輪番制の参加病院減少による二次救急医療提供体制の維持が困難になっている状況などの課題に対応するため、青森県が策定した地域医療構想において示されたものです。

 

 新中核病院は、国立病院機構弘前病院と弘前市立病院の統合により整備することとし、救急医療や地域医療のほか、政策医療や災害拠点病院の機能など、これまで両病院が担ってきた機能の集約・強化を図り、弘前大学医学部附属病院に次ぐ規模の病院として、圏域の医療の中心的な役割を担います。

新中核病院の整備及び運営に係る基本協定

平成30年10月4日、国立病院機構・弘前市・青森県・弘前大学の4者により基本協定を締結しました。

 

 

【基本協定概要】PDFファイル(74KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

新中核病院整備概要

●整備・運営主体 独立行政法人国立病院機構
●運営開始時期 2022年早期の運営開始を目指し、2018年度から整備事業に着手
●開設場所 弘前市大字富野町1(国立病院機構弘前病院の地)
●病床規模 450床程度 (現在の病床数 弘前病院342床、弘前市立病院250床)
●診療科 24診療科(太字下線は新中核病院設置により、新たに開設する診療科)
   呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、内分泌代謝内科、
   神経内科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、精神科、小児科、
   皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、
   リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、
   救急科、麻酔科、総合診療科歯科
   ※胸部・心臓血管外科及び脳神経外科は、将来の開設を目指す。
●病院機能 <センター>
   ①救急医療センター(24時間365日の二次救急医療を実施)、
   ②地域周産期母子医療センター、③消化器センター、
   ④循環器・呼吸器センター、⑤乳腺・婦人疾患センター、
   ⑥内視鏡・治療センター、⑦ロコモセンター(※)
   ※ロコモとは、運動器症候群:ロコモティブシンドロームの略。
   「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になる
   ことです。
   センターの設置により、加齢に伴う筋肉・骨・関節・軟骨などの
   運動機能の低下を予防・治療し、健康寿命の延伸に貢献します。
  <地域医療・政策医療>
   ①地域医療支援病院、②地域災害拠点病院、③エイズ治療拠点病院
  <教育・養成>
   ①臨床研修指定病院及び新専門医養成施設、②地域枠医師養成施設、
   ③看護師養成施設
  <臨床研究>
   診断や治療方法の進歩・発展に貢献するため、臨床研究・治験の
   取り組みを強化
●一次救急との連携 新中核病院敷地内に弘前市急患診療所を配置し、一次救急と二次救急の
  連携を強化

弘前市の費用負担

●整備費は総額約126億円を見込んでおり、弘前市は40億円を負担します。

●弘前市の運営費負担は年2.5億円とし、新中核病院開設以後40年間にわたり負担します。

 

弘前市立病院について

●弘前市立病院の運営については、新中核病院が開設されるまでの間、国立病院機構・青森県・

 弘前大学の協力を得ながら、診療体制を維持し、運営を継続していきます。

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る