弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 新中核病院
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 新中核病院

ここから本文です。

新中核病院「弘前総合医療センター」が運営開始されました

 

県の地域医療構想に基づき、長期にわたり安心・安全で良質な医療を提供するため、国立病院機構、青森県、弘前大学および当市の4者により締結した基本協定をもとに連携を図りながら整備を進めてきた新中核病院「独立行政法人国立病院機構 弘前総合医療センター」(25診療科、442床)が、令和4年4月に開院しました。新中核病院は救急医療をはじめ、地域医療支援病院として津軽地域の医療の中心的な役割を担います。

 

詳しくは独立行政法人国立病院機構弘前総合医療センターのホームページをご覧ください。

ホームページ - 独立行政法人国立病院機構弘前総合医療センターこのリンクは別ウィンドウで開きます

新中核病院の整備工事が続いています

令和2年5月より始まった新中核病院(弘前総合医療センター)の本体建設工事は、現在も駐車場の整備工事やこれまで外来診療を行ってきた建物の解体工事が行われています。
工事概要については、国立病院機構弘前総合医療センターのホームページにてご確認いただけます。

新中核病院(弘前総合医療センター)整備工事情報 - 独立行政法人国立病院機構 弘前総合医療センターこのリンクは別ウィンドウで開きます

地域医療支援病院とは?

地域医療支援病院とは、県の承認を受け、かかりつけ医であるクリニックや診療所等の支援を通じて地域医療の確保を図る病院です。地域医療支援病院は、より詳しい検査や専門的な医療が必要だとしてかかりつけ医から紹介された方に対し、適切な医療を提供するとともに、治療により症状が改善された場合など、かかりつけ医が対応可能となった場合は積極的に逆紹介する医療機関です。

市立病院が閉院しました

新中核病院の開院に伴い、長きにわたり地域の医療を支えてきた弘前市立病院は令和4年3月をもって閉院しました。

閉院のごあいさつ・閉院後の対応についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

広報紙「津軽地域の医療」

市では、より多くの住民の皆様に地域医療に関する情報をお届けするため、地域医療の推進に関する取り組みの一環として、広報紙「津軽地域の医療」を不定期で刊行しています。

 

「津軽地域の医療」第2号(令和4年2月1日発行)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

「津軽地域の医療」第1号(令和2年11月1日発行)PDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

津軽地域医療フォーラム2019

令和元年8月24日(土)に「津軽地域医療フォーラム2019」を開催しました。フォーラムの資料等は、次のリンクよりご確認いただけます。

「津軽地域医療フォーラム2019」

新中核病院の整備及び運営にかかる基本協定を締結しました(平成30年10月)

詳しくはこちらをご覧ください

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る