弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 福祉・介護 > 弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 福祉・介護 > 弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱

ここから本文です。

弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱

市では、成年後見制度の利用を必要としている方で所得や資産が少なく、後見・保佐・補助開始の申立費用や成年後見人等への報酬費用を負担することが困難な場合に、申立費用及び報酬費用の全部又は一部を助成しています。

この度、令和4年4月1日に弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱の一部内容を改正しました。

なお、同要綱第12条第4項の中で定めている助成対象期間については、令和5年4月1日から施行します。

主な内容については、以下のとおりとなっています。

要綱の詳しい内容や申請書等の様式は、添付しているデータをご確認ください。

 

助成対象者

成年後見制度の利用を必要としている方(弘前市内に住所を有し現に居住する者に限る。)、配偶者若しくは4親等以内の親族又は成年後見人等を付された方のうち、次のいずれかに該当することが認められる方です。

 

(1) 生活保護法第6条第1項に規定する被保護者
(2) 生活保護法第6条第2項に規定する要保護者
(3) 資産及び収入等の状況から(1)又は(2)に準ずると認められる者
(4) その他市長が必要と認める者

 

なお、市内に住所を有していても介護保険の保険者、国民健康保険の保険者、生活保護法による保護の実施機関若しくは障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律による給付の決定機関がいずれも弘前市以外の場合は、助成対象者とならないことがあります。

詳しくは、下記担当までお問い合わせください。

 

助成金額

(1) 施設等に入所及び入院している者 月額18,000円
(2) その他の者 月額28,000円

 

施設等とは、以下のとおりです。

(1) 生活保護法第38条に規定する保護施設
(2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第5条第11項に規定する障害者支援施設
(3) 老人福祉法第5条の3に規定する老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム
(4) 介護保険法第8条第24項に規定する介護保険施設
(5) 医療法第1条の5に規定する病院、診療所(ただし、入院した日から90日を経過した翌月からに限る)
(6) (1)から(5)までの類似施設で弘前市長が特に認める施設

 

申請期限

家庭裁判所による報酬付与審判の日から起算して90日を経過する日です。

 

助成対象期間

報酬付与審判によって決定された期間とします。

 

※なお、令和5年4月1日以降は、対象期間が12月を超える場合、対象期間の最終月を起算月として過去12月を限度とします。(要綱第12条第4項関係)

 

弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱

弘前市成年後見制度利用支援事業実施要綱【PDF版】PDFファイル(235KB)

 

申請書及び請求書【様式】

助成金交付申請書(様式第2号)【PDF版】PDFファイル(82KB)
助成金交付申請書(様式第2号)【Word版】ワードファイル(37KB)
助成金請求書(様式第4号)【PDF版】PDFファイル(72KB)
助成金請求書(様式第4号)【Word版】ワードファイル(37KB)

問い合わせ先

担当 福祉総務課 総務係

電話 0172-40-7037

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る