弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 弘前市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業のお知らせ
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 弘前市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業のお知らせ

ここから本文です。

弘前市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業のお知らせ

弘前市では、平成29年4月1日以降、母児いずれかまたは両者に重大な危険性が予想される妊娠・分娩により、周産期母子医療センターで治療、分娩またはNICUなどに入院するお子さんの面会等に要した交通費及び宿泊費の一部を助成します。

 

助成を受けることができる方

本市に住所を有し市税等の滞納がなく、通院もしくは入院、または近隣の宿泊施設に宿泊した妊産婦で次のいずれかの要件に該当する方

 

1.平成29年4月1日以降にハイリスク妊娠管理加算またはハイリスク分娩管理加算を算定さ

  れた妊産婦、またはそれに相当する疾患を有する妊産婦

2.NICU(新生児特定集中治療室)又はGCU(新生児治療回復室)に入院している新生児を

  持つ産婦

 

対象医療機関

青森県立中央病院(総合周産期母子医療センター)

 

助成内容

妊産婦通院等開始から終了までに要した交通費と宿泊費について、一人の妊産婦につき5万円を上限に助成します。

 

申請書類

交付申請には、以下のものが必要です。

 

1.平成29年度弘前市ハイリスク妊産婦アクセス支援助成金交付申請書及び請求書

     ./hirosakisi_hairisuku_sinseisho_2017.pdfPDFファイル(96KB)

     ./hirosakisi_hairisuku_seikyuusyo_2017.pdfPDFファイル(52KB)

2.ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書

     ./aomoriken_hairisuku_sinseisyo.pdfPDFファイル(181KB)

3.青森県周産期母子医療センターNICU、GCU面会状況報告書

     ./aomoriken_hairisuku_menkai_houkokusyo.pdfPDFファイル(109KB)

4.母子健康手帳の写し

5.診療明細書又は領収書

6.交通費に係る領収書

7.宿泊費に係る領収書

8.振込口座の通帳の写し、認印

 

受付時期

随時

※助成の対象となる期間が満了した際は、速やかに申請してください。

※助成対象期間が年度を超える場合、年度ごとに申請をする必要があります。

※平成29年度分の申請期限は、平成30年3月30日(金)です。

 

申請の流れ

1.助成対象者は、『ハイリスク妊産婦アクセス支援事業助成金申請書』、『青森県周産期母

 子医療センターNICU・GCU面会状況報告書(児がNICUに入院した場合)』を作成します。

  (用紙は、健康づくり推進課(弘前保健センター内)の窓口に備え付けしています。また、

    上記申請書類一覧の中にPDFファイルがありますので、そちらでダウンロードできます。)

2.通院・面会の都度、『助成金申請書』、『面会状況報告書』に記入します。

3.必要書類をそろえ、健康づくり推進課(弘前市保健センター内)に提出します。

4.健康づくり推進課において審査のうえ、助成の可否・助成額を決定し、申請者に郵送で通

  知します。助成決定の場合は、申請書を受理した月の翌月末ごろに指定の口座に振り込みま

  す。

 

申請窓口・問合せ先

弘前市保健センター

弘前市健康福祉部健康づくり推進課 母子保健担当

☎0172-37-3750

 


アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る