弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 風しんに気をつけましょう!
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 風しんに気をつけましょう!

ここから本文です。

風しんに気をつけましょう!

 現在、首都圏を中心に風しんの流行が拡大しています。今後、全国的に感染が拡大する可能性がありますので、ご注意ください。

風しんについて

 風しんは、風しんウイルスに感染することで発症します。

 感染力が強く、患者に触ったり、患者の咳やくしゃみなどによって飛び散ったウイルスを直接吸い込むことによってうつります。妊娠中の女性が風しんにかかると胎児にもうつります。

潜伏期間

 2~3週間

症状

 発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。

 風しんの症状は、子どもでは比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症をおこすことがあります。また、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。

 風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、心臓や目、耳等に障害をもつ(先天性風しん症候群)赤ちゃんが生まれることがあります。

予防について

 ワクチン接種が最も有効です。

 予防接種を受けていない方で、風しんにかかったことのない方は早めに予防接種を受けましょう。

 

 ○市では、次の公費助成を行っています。

 

  ①妊娠を希望する女性など

   ・・・風しん抗体検査及び麻しん風しん混合ワクチン接種を無料で受けることができ

      ます。

   【対象者】

     弘前市に住所を有し、平成2年4月1日以前に生まれた方で、

       ・妊娠を予定する女性

       ・風しんの抗体価が低い妊婦の同居家族

       ▽風しん抗体検査を必須条件とします。

       ▽この事業で過去に1度助成を受けている場合、又は過去に風しんのり患歴が

        ある場合を除きます。

       ▽健康づくり推進課への事前申請が必要です。

 

  ②定期接種対象となっているお子さん

   ・・・麻しん風しん混合ワクチン接種を無料で受けることができます。

     【対象者】

      第1期:生後12ヶ月から24ヶ月未満までの子

      第2期:5歳以上7歳未満で翌年度小学校就学予定の子 

 

※上記以外の場合は、任意接種(自費)となります。医療機関にご相談ください。

問い合わせ先

担当 健康づくり推進課 健康管理係

電話 0172-37-3750

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る