弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 大腸がん早期治療支援事業のお知らせ
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 大腸がん早期治療支援事業のお知らせ

ここから本文です。

大腸がん早期治療支援事業のお知らせ

40代を対象に「大腸がん早期治療支援事業」を実施します。

 市では、全国に比べて働き盛り世代の大腸がんによる死亡が多いことから、大腸がん死亡者数の減少を目標に、働き盛り世代の大腸がん検診・精密検査の受診率向上及び早期治療を目的に、奨励金を交付します。

 

交付申請ができる方

 

下記の要件が必須となります。

要件を満たしていない場合、申請しても該当にならない場合があります。

ご不明な点は、市健康づくり推進課にお問い合わせください。

 

① 大腸がん検診、精密検査・治療時に弘前市に住所のある方

 

② 平成30年度の年齢が40歳から49歳(昭和44年4月1日~昭和54年3月31日

  生まれ)及び50歳の市民

  ※ただし、50歳の方は、平成29年度の大腸がん検診受診者に限ります。

 

③ 平成29年度または平成30年度の大腸がん検診受診者で、平成31年2月28日までに

  内視鏡でポリープ等の切除または手術(外科治療)・化学療法を行った方。

 

④ 市税等(市県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険料)の滞納のない方

 

 

奨励金の額

 交付要件を満たしている方に、1回限り2万円を交付します。

 

書類等申請書類

 交付申請には、以下の書類が必要です。

 

① 弘前市大腸がん早期治療奨励金交付申請書(様式1・記入例はこちら)このリンクは別ウィンドウで開きます

② 大腸がん精密検査・治療実施証明書(様式2はこちら)

  ※医療機関での証明。ただし、医療機関において文書料が発生することがあります。

   市税等の滞納などで該当にならない場合、発生した文書料はお返しできませんので、

   必ず該当になるか市健康づくり推進課へご確認ください。

③ 大腸がん早期治療奨励金請求書(様式4・記入例はこちら)

④ 平成30年度大腸がん検診結果通知書の写し

⑤ 大腸がん精密検査治療実施時領収書(診療明細書)の写し

⑥ 振込口座の通帳の写し(本人名義のもの)、認印

 

※①、②、③は、市健康づくり推進課(弘前市保健センター)にも備え付けています。

 

申請期間

平成30年度の申請期間は、平成30年4月1日から平成31年3月31日です。

 

 

 

【問い合わせ先】弘前市健康福祉部健康づくり推進課(弘前市保健センター)

☎ 0172-37-3750(平日 8時30分~17時)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る