弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 市が実施している健(検)診
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 市が実施している健(検)診

ここから本文です。

市が実施している健(検)診

各健(検)診の料金や詳細、指定医療機関一覧は、健康と福祉ごよみをご覧ください。

⇒健康と福祉ごよみはこちら

市が行う健(検)診についてPDFファイル(690KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

個別歯科健診についてPDFファイル(201KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

インターネットで予約できる健(検)診もあります

 

市が実施している健(検)診の一覧

以下の健(検)診は、加入している医療保険にかかわらず、弘前市民であれば受けることができます。

健(検)診名

内容

胃がん検診

胃部エックス線検査(バリウム)と胃部内視鏡検査(胃カメラ)を選べます。

日本人は胃がんが多く、特に50歳以上の男性に多くみられます。

肺がん・結核検診

40~64歳は肺がん検診、65歳以上は結核検診が対象となります。

肺がんは自覚症状が少なく、治りにくいがんです。がんの他に、肺炎や心臓の異常などが見つかる場合もあります。

大腸がん検診

検便で潜血反応を調べます。

大腸がんは食事や飲酒、便秘などが影響していると言われています。食の欧米化に伴い日本でも増加しており、男女ともに多いがんです。

子宮がん検診(女性のみ)

市が実施しているのは子宮頸がんの検査です。

20歳代の若い世代でもかかる可能性があるがんです。早期発見できれば完治が見込めるがんです。

乳がん検診(女性のみ)

乳がんは、女性の20人に1人がかかると言われています。50歳前後がピークで、その後は減少します。自己診断でも発見できるがんです。

前立腺がん検診(男性のみ)

血液検査で簡単にわかるがん検診です。50・60・70歳のみが対象の、節目検診となります。

骨密度検診(女性のみ)

40・45・50・55・60・65・70歳が対象です。

女性は女性ホルモンの影響により、加齢とともに骨密度が減少し、骨粗鬆症のリスクが高まっていきます。節目で検診を受け、骨密度をチェックしましょう。

肝炎ウイルス検診

40歳以上でB型・C型肝炎ウイルス検査や治療を受けたことがない方は無料で受けることができます。

肝炎ウイルスに感染していても症状が無い場合が多いですが、放っておくと、肝がんや肝硬変などの大きな病気につながる可能性があります。

胃がんリスク検診

40歳限定の無料の検診で、血液検査をします。

胃がんを見つける検査ではなく、胃がんのリスクとなる要因(ピロリ菌など)を調べる検査です。

成人歯科健診 

30・40・50・60・70歳の節目健診で、対象者には無料受診券を送付しています。歯周病のチェックもします。

20・30代健診

弘前市独自の健診で、高血圧や糖尿病などの生活習慣病に着目した健診です。身体測定や血液検査をします。

弘前市では20・30代の若い世代にも、生活習慣病予備群がたくさんいることがわかっています。

国保の方:無料、国保以外の方:500円

ネットで申し込みできます。(託児ご利用の方は電話でお申し込みください。)

 

各健(検)診の料金や詳細、指定医療機関一覧は、健康と福祉ごよみをご覧ください。

⇒健康と福祉ごよみはこちら

市が行う健(検)診についてPDFファイル(690KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

個別歯科健診について PDFファイル(201KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 

お問い合わせ

弘前市健康こども部健康増進課(弘前市保健センター)

☎0172-37-3750(平日 8時30分~17時)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る