弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > インフルエンザに十分ご注意を
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > インフルエンザに十分ご注意を

ここから本文です。

インフルエンザに十分ご注意を

インフルエンザに十分注意しましょう

 

1月28日弘前保健所管内にインフルエンザの注意報が発令されました。また、市内の小中学校でも、学級閉鎖をするところが出ています。1月から2月にかけて、例年インフルエンザが最も流行する時期になっていきます。今後もかぜやインフルエンザにかかりやすい状況が続きますので、体調管理には十分注意をし、予防を心がけましょう。

インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通のかぜに比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、インフルエンザにかからないように予防することが大切です。

自らの健康を自ら守るためにも、予防対策をしっかりとるように心がけましょう。手洗いを励行し、外出時にはマスクを着用するなど、感染しない、そして感染を広めないよう市民の皆さんの取り組みをお願いします。

 

【感染症流行警告アプリ ワーンニング の利用について】

「感染症流行警告アプリ ワーンニング」は、インフルエンザの発生状況とかぜの流行を可視化して知らせることで、早期の対策を促すことを目的としたWEBアプリケーションです。感染症予防のため、ぜひご利用ください。詳しくは次のリンクからご覧ください。

 【感染症流行警告アプリ ワーンニング】

 

 

○インフルエンザの予防

インフルエンザの予防については、次のポイントを参考に、早めに適切な対応をお願いします。

・こまめに手洗いをしましょう

・外から帰ったらすぐにうがいをしましょう

・咳エチケット(咳をするときは、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけて1m以上離れましょう)

・人混みではマスクを着用しましょう

・体調が悪いときは、人混みへの外出は避けましょう

 

こんな人は特に注意を!

・ぜんそくや腎機能障害のかた

・ステロイドを定期内服しているかた

・がん患者、妊婦のかた

など

 

○インフルエンザ様の症状かなと思ったときは、早めの受診を!

インフルエンザの症状が出た時は、一般の医療機関で診療できます。

ただし、感染のまん延を防ぐため、インフルエンザ様症状により、一般の医療機関を受診するときは、必ず事前に電話し、医療機関の指示に従ってマスクを着用して受診してください。

【インフルエンザ様症状とは…】

38度以上の発熱に加え、鼻汁または鼻づまり・のどの痛み・せきのいずれかの症状がある場合をいいます。

 

○救急医療機関からのお願い

救急医療機関には、インフルエンザのほか、けがや命にかかわる病気のかたもみえます。

発熱などの症状がみられたら、できるだけ早めに、かかりつけの医療機関で診療時間に受診いただき、救急医療の確保にご協力をお願いします。

問い合わせ先

担当 健康づくり推進課

(野田二丁目7-1 弘前総合保健センター1階)

電話 0172-37-3750

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る