弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」について
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 健康 > 「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」について

ここから本文です。

「脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」について

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)は、交通事故やスポーツ等で体に衝撃を受けることにより、脳脊髄液が漏れ出し、頭痛、首や背中の痛み、めまい、倦怠感など様々な症状を引き起こす疾患といわれています。
現在、この疾患については、標準的な診断基準・治療法が未だ定まっておらず、国において研究が進められています。
平成24年5月に、この疾患の有効な治療法であるブラッドパッチ療法が「先進医療」に指定され、この治療を行う際の入院費などに保険が適用されることになりました。
県保健衛生課では、相談窓口を設置して最寄の協力医療機関の紹介などを行っていますので、相談を希望するかたは、下記の相談窓口をご利用ください。
 

【相談窓口】 県保健衛生課 電話017-734-9215
受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分


脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)」については、県庁ホームページにも掲載しています。

いわゆる「脳脊髄液減少症」について(青森県庁ホームページ)

問い合わせ先

担当 健康づくり推進課

(野田二丁目7-1 弘前総合保健センター1階)

電話 0172-37-3750

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る