弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 療養費の払い戻し
現在の位置: 弘前市トップ > 健康と福祉 > 国保・後期高齢者医療・年金 > 療養費の払い戻し

ここから本文です。

療養費の払い戻し

医療費を全額お支払いされたときでも、次のような場合には、申請すると療養費として定められた額の払い戻しが受けられます。

払い戻しが受けられる事例と申請に必要なものは次のとおりです。

 

療養費が払い戻される事例

◎ 緊急その他やむを得ない理由で保険証を持たずに治療を受けたり、国保を取り扱っていない医師の治療を受けた場合

 

【申請に必要なもの】

診療内容の明細書、保険証、印かん、領収書、

 世帯主名義の通帳

 

 

◎ 医師が治療上コルセット等補装具を必要と認めて作った場合

 

【申請に必要なもの】

補装具を必要とした医師の証明書、保険証、印かん、領収書、世帯主名義の通帳

 

 

◎ 医師が治療上、はり、きゅう、マッサージが必要と認めた場合

 

【申請に必要なもの】

医師の同意書、施術内容の明細書、保険証、印かん、領収書、世帯主名義の通帳

 

 

◎ 骨折、ねんざなどで柔道整復師の施術を受けた場合

ただし、国保の取扱いをしている施術所は保険証と印かんをお持ちになると、一部負担金で施術が受けられます。

 

【申請に必要なもの】

施術内容の明細書、保険証、印かん、領収書、世帯主名義の通帳

 

 

◎ 生血を輸血した場合

 第三者からの輸血に限ります。

 

【申請に必要なもの】

医師の理由書か診断書、輸血用生血液受領証明書、血液提供者の領収書、保険証、印かん、世帯主名義の通帳

 

 

◎ 緊急を要する患者が移動困難で、付近の医療施設では必要な治療が不可能である等、市で認めた場合の移送費

 (本人の希望による転医等は認められません。)

 

【申請に必要なもの】

医師の意見書、保険証、印かん、領収書、世帯主名義の通帳

 

 

◎ 海外渡航中に、負傷や疾病により医療機関で治療を受けた場合

 

【申請に必要なもの】

診療内容の明細書および領収書(ただし、外国語で作成されているものはその日本語の翻訳文を添付すること)、保険証、印かん、世帯主名義の通帳

 

 

 

注意点

・ 前期高齢者

 

申請に必要なものとして、70歳以上の前期高齢者で、後期高齢者医療制度の対象になっていない人に交付されている高齢受給者証も必要です。

 

 

・   高齢受給者証または妊産婦10割給付証明書の交付を受けている人

 

  医療機関で受診する際に、高齢受給者証や妊産婦10割給付証明書などをお持ちにならなかったなどの理由により、一部負担金を多くお支払いされた場合でも、申請により一部負担金の払い戻しが受けられます。

 申請には保険証、印かん、領収書、世帯主名義の通帳のほか、交付された高齢受給者証、妊産婦10割給付証明書もお持ちのうえ、申請してください。 

 

 

■申請先:

課名 電話
国保年金課 国保給付係 0172-40-7047
岩木総合支所 民生課 0172-82-1628
相馬総合支所 民生課 0172-84-2111 内線810

 

問い合わせ先

担当 国保年金課

電話 0172-35-1116

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

健康と福祉メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る