弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 新井晴峰筆 紙本著色観桜観楓図屏風
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 新井晴峰筆 紙本著色観桜観楓図屏風

ここから本文です。

新井晴峰筆 紙本著色観桜観楓図屏風

新井晴峰筆 紙本著色観桜観楓図屏風

【県重宝】

 

 

 

右隻

 

 

 

左隻
 
よみがな
あらいせいほうひつしほんちゃくしょくかんおうかんぷうずびょうぶ
員数
1双
文化財の概要
 
指定年月日
平成16年1月21日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
弘前市
 
江戸時代後期に藩お抱え絵師の新井晴峰が描いた大和絵風の屏風絵で、京都周辺嵯峨などの名所で行われる桜狩り、紅葉狩りの様子が典雅な筆致であらわされている。弘前には数少ない藩政時代のすぐれた大画面絵画として貴重な存在である。
晴峰は藩お抱えの秦家、今村家らと並ぶ新井家の絵師で、幕府奥絵師狩野養信門下の俊秀として江戸でよく知られており、専ら江戸表での御用を務めていた。本屏風でも、遠近感やモチーフの配置にしっかりした構成力がうかがえ、上品な彩色は彼のすぐれた資質を伝えるものである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る