弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 木造舞楽面(二の舞腫面・散手・抜頭)
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 木造舞楽面(二の舞腫面・散手・抜頭)

ここから本文です。

木造舞楽面(二の舞腫面・散手・抜頭)

木造舞楽面(二の舞腫面・散手・抜頭)

【県重宝】

 

 

二の舞腫面
散手
抜頭

 

 
よみがな
もくぞうぶがくめん
員数
3面
文化財の概要
 
指定年月日
昭和31年5月14日
所在地
弘前市大字百沢字寺沢
所有者・管理者
岩木山神社
 
岩木山神社には19点の舞楽面や能面、神楽面が伝来し、うち5点の舞楽面は鎌倉時代から南北朝時代に制作されたものであり、3面のみ県重宝に指定されているが、その価値は残りの陵王と還城楽の2面も変わらない。これらの材質がヒバと考えられるため中世の東北地方で制作された可能性が高い。
当社にはほかに、近世の能面師として名高い出目(でめ)寿満作の悪尉面など中央作のすぐれた能面や、近世の地方作能面として注目される尉面などが伝来しており、東北でも屈指の仮面コレクションである。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る