弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 薬師如来三門本尊
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 薬師如来三門本尊

ここから本文です。

薬師如来三門本尊

薬師如来三門本尊

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
やくしにょらいさんもんほんぞん
員数
1躯
文化財の概要
 
指定年月日
昭和32年1月11日
所在地
弘前市大字西茂森一丁目
所有者・管理者
長勝寺
 
本像は、長勝寺三門(国指定重要文化財)二階の中央に安置されている。禅宗寺院の三門楼上には釈迦像を祀るのが一般的であり、当像も記録には釈迦とあるのに、いつどのような理由で薬師如来と呼ばれるようになったのか不明である。左手首の矧目(はぎめ)より欠失しており、印相や持物は確かめられない。
像は九重座に立ち、寄木造、玉眼、切付螺髪(きりつけらほつ)で、白毫(びゃくごう)は水晶である。体躯は肩部分で縦に三材を矧いで作られており、内刳(うちぐり)は大きいが内部は粗雑な削り方で銘はない。頭部は首柄で体躯に差し込まれている。表面は螺髪のみ群青で彩色され、他の部分や当初からの光背はすべて金箔押しである。
像の様式からみても寛永頃のものとして矛盾はなく、三門創建以来の当初像として貴重である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る