弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽塗
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽塗

ここから本文です。

津軽塗

津軽塗

【県重宝】

 

 

青海波塗月千鳥蒔絵長箱
刷毛目塗花見弁当
青海波塗雲龍蒔絵文庫

 

 
よみがな
つがるぬり
員数
8点
文化財の概要
 
指定年月日
平成7年4月19日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
弘前市
 
津軽塗という語は、明治6年にウイーン万国博覧会に出品する際に、産地を明らかにするために用いられたが、その歴史は江戸時代にさかのぼり、今日に至るまで300年余の歴史を持つと伝えられている。
また本資料群によって、江戸時代の製作技法は黒塗、朱塗、蒔絵、青海波、変塗と多種多様であり、今日では廃絶した技法もあることがわかる。
これらは、美的にも優れ、藩主を含め藩の上級階級で使用されていたもので、単に早い時期に製作されただけでなく、若狭塗の工人たちとの関連を知ることができるとともに、蒔絵から変塗への移行や更に文様・彩色など、当時の技法の特色や歴史的変化を示す貴重なものである
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る