弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽漆塗手板
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽漆塗手板

ここから本文です。

津軽漆塗手板

津軽漆塗手板

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
つがるうるしぬりていた
員数
514枚
文化財の概要
 
指定年月日
平成15年4月14日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
弘前市
 
この津軽漆塗手板は、江戸後期から明治前期にかけて津軽で塗られた手板で、津軽家が所蔵していたものを平成7年に寄贈されたものである。
江戸後期に塗られたと思われる手板454枚の色彩は、『塗物伝書』、『塗物秘伝書』の色漆精製の仕様に書かれている赤漆、青漆、黄漆が使われている。また、意匠の特徴は、『工芸志料』に、「彩漆で文様を描く」と書かれているように、文様が細筆で手描きされている点にある。明治に入ってから塗られたと思われる手板は60枚である。
これらの手板は、個性的で風雅があり、美的で技術的にも優れ、津軽漆工史上大切な資料である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る