弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 短刀 銘 奥州津軽住國廣
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 短刀 銘 奥州津軽住國廣

ここから本文です。

短刀 銘 奥州津軽住國廣

【県重宝】

短刀 銘 奥州津軽住國廣写真

 

よみがな たんとう めい おうしゅうつがるじゅうくにひろ
員数 1口
文化財の概要

銘「奥州津軽住國廣」「朱銘 首割土段拂」、はばき下に表裏朱書梵字

長さ33.0センチメートル、反りなし、目釘穴1個

指定年月日 昭和41年5月25日
所在地 弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者 弘前市

 

平造り、庵棟(いおりむね)。上身表裏にはばき(はばき)元にて丸止めの棒樋(ぼうひ)添樋(つれひ)を彫る。現在までの研究によれば国広は、姓は三善氏、父子二代にわたり作刀し、初代は通称勘七。尾張の名工伯耆守信高の門人ではじめ中村(福島県)に住した。天和3年(1683年)2月四代藩主信政に召抱えられ弘前に住み、元禄時代まで作刀した。陸奥大掾橘盛宗、相模守国吉と共に津軽三刀工といわれる。この短刀は初代の作である。優秀な出来ばえで、同時代の一流刀工の作品に優るとも劣らない見事なものであり、現在県内にその作品が極めて少ないこともあわせ、津軽刀工研究上貴重な刀である。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る