弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > タイトル
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > タイトル

ここから本文です。

タイトル

蕨手刀

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
わらびてとう
員数
1口
文化財の概要
 
指定年月日
昭和31年5月14日
所在地
弘前市大字田町四丁目
所有者・管理者
熊野奥照神社
 
全長63.5センチメートル、うち(つか)の長さ13.5センチメートル、反り2.4センチメートル。剱柄より切先まで延打、鍔は角形長方形。柄頭に直径6ミリメートルほどの穴があるが、これは手貫緒を通すためのものであろう。
蕨手刀は、一般的には奈良時代の刀の一種と考えられており、柄頭が蕨に似ていることからこの名称がある。現在あるこの種の刀の大半が出土品であるが、正倉院御物には「黒作横刀」という伝世品もある。本刀も出土品と思われるが、伝来等は定かでない。しかし元禄15年(1702年)の神社由緒書の中にすでに記載されている。
錆が甚だしく刃の部分が欠損し原形を留めないが、日本刀以前のこの形式の刀はまれで、鉄文化の発達過程を知るうえでも重要な資料である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る