弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽塗
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 津軽塗

ここから本文です。

津軽塗

【県技芸】

 

津軽塗

 

 
よみがな
つがるぬり
指定年月日
平成28年8月15日
所在地
弘前市大字賀田1丁目
所有者・管理者
津軽塗技術保存会
 

藩政時代以来現代まで、弘前市を中心に津軽地域に根付いた津軽塗を製作する技術は、多種多様な塗加飾を特徴とする。

その技法を「研ぎ出し変わり塗」といい、漆で模様をつけた上に塗り重ねた色漆を研ぐことで断層を見せる「唐塗」の技法を基本としたものと、「ななこ塗」の吸い上げ技法を基本としたものとに大別される。

これらの塗加飾技術を基に、模様を描き加える、配色を変える、素材を変えるなどによって、さらに多彩な模様表現を生み出す。

素地(きじ)は、木胎(もくたい)が主となり、指物(さしもの)、挽物(ひきもの)、彫物(ほりもの)などを木地師が作る。塗師(ぬし)は、素地を補強する下地から塗加飾まで作る。

長い年月を経て洗練されていった、地域特有の伝統技術であり、現在も高い水準で伝承されている。

 

 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る