弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 弘前公園のアイグロマツ
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 弘前公園のアイグロマツ

ここから本文です。

弘前公園のアイグロマツ

【県天然記念物】

 

 

弘前公園のアイグロマツ

 
よみがな
ひろさきこうえんのあいぐろまつ
員数
1本
文化財の概要

推定樹齢330年以上、樹高28.4メートル、幹周6.85メートル

指定年月日
平成28年4月18日
所在地
弘前市大字下白銀町
所有者・管理者
弘前市
 

アイグロマツは、マツ科マツ属の常緑針葉樹で、アカマツとクロマツが自然交雑したものである。

四代藩主・津軽信政の貞享2年(1685)に、弘前城三の丸土塁上にマツを植えた。マツは常緑樹で、生長が早く高木となることから、遮蔽目的で城内に植えられたものである。

このアイグロマツは、資料的に植えられた時期が特定され、当時の城内の状況を考察する上で貴重である。

また、指定されたアイグロマツとしては全国一の幹周を誇るなど、弘前城内のマツ中、最も雄大な樹形を誇る。

 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る