弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 津軽の七日堂祭
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 津軽の七日堂祭

ここから本文です。

津軽の七日堂祭

津軽の七日堂祭

【記録作成等の措置を構ずべき無形の民俗文化財(国選択)】

 

 

 
よみがな
つがるのなのかどうまつり
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
平成21年3月11日
所在地
弘前市・平川市
所有者・管理者
岩木山神社百沢町会氏子
鬼神社氏子総代
猿賀神社猿賀町会氏子(平川市)
 
弘前市の岩木山神社と平川市の猿賀神社では旧暦1月7日に、弘前市鬼沢の鬼神社では旧暦1月29日に七日堂祭が行われている。農作物の作柄や天候を占う年の初めの行事で、柳の枝や牛王宝印を用いた作占いや豊作祈願などを行う。
本件は、全国的に見られる年の初めや小正月にその年の作柄や天候を占う行事の1つであるが、津軽地方では伝承例の少ない行事であり、「御柳」や「臼鍋餅」などの特色ある儀礼も見られるものであり、同種の行事の全国的な比較の上でも貴重である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る