弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 革秀寺のサルスベリ
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 革秀寺のサルスベリ

ここから本文です。

革秀寺のサルスベリ

【県天然記念物】

 

 

 
よみがな
かくしゅうじのさるすべり
員数
1株
文化財の概要
推定樹齢390年、樹高5メートル、幹周1.76メートル
指定年月日
平成28年4月18日
所在地
弘前市大字藤代一丁目
所有者・管理者
革秀寺
 
初代藩主為信の菩提を弔うために、二代藩主信枚によって建立された革秀寺の西側に、岩木山を借景として庭園が作られ、このサルスベリは、庭園の北側にあり「信枚お手植え」の伝承を持つ。
中央の幹が腐朽して取り除かれたため、樹形は側枝が成長して形成されている。
中国原産のサルスベリが普及し出したのは江戸時代であるが、300年を越す古木は全国的にも少ない。
また、生育できる北限に近い本県において、400年に近い樹齢を重ねていることは、非常に重要である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る