弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 堂ヶ平経塚
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 堂ヶ平経塚

ここから本文です。

堂ヶ平経塚

【市指定史跡】

 

堂ヶ平経塚

)

 

 

よみがな
どうがたいきょうづか
員数
53,041平方メートル
指定年月日
平成28年11月4日
所在地
弘前市大字大沢字堂ヶ平
所有者・管理者
大沢町会

 

 

昭和37年に珠洲焼経容器(すずやききょうようき)が出土した場所で、青森県内で唯一確認された十二世紀代の経塚である。

長辺約16m、短辺約15mの略長方形の大規模な高まりを築き、周溝を持つなど、外部施設を重視したものとなっている。

経塚周辺には、握り拳大から人頭大の川原石が確認できるが、経塚の造営に際して葺石、あるいは経容器を収める石室をつくるために他所から運んできたものと考えられる。

同様の経塚は、北上川中流域や阿賀川流域の交通の要所に存在するが、堂ケ平経塚についても、奥大道に面する交通の要所に築かれたものであり、奥州藤原氏による、仏法による北奥の内国化の様相を伝える貴重な遺跡である。

 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る