弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紙本墨画淡彩松に虎の図
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紙本墨画淡彩松に虎の図

ここから本文です。

紙本墨画淡彩松に虎の図

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
しほんぼくがたんさいまつにとらのず
員数
1幅
指定年月日
昭和56年7月13日
所有者・管理者
個人
 
作者や制作年代は不明だが、筆法、作風から十六世紀以前の作と推定される。全紙大。軸仕立。
松の葉や木の力強さに比して虎は軟らかく仕上げる。また虎の縞模様は一度画いた線の上を更に点を打ち重量感を増している。
初期の水墨画の系統を受け継いでおり、使用している墨は中国のものと考えられる。紙は明ばんとにかわを交ぜた極薄い水を紙に引いたドーサ引きの手法がとられている。
室町時代期と推される禅林美術に属する絵画は当市に発見例がなく、またこの絵はもと弘前城内にあったとの伝承もあり、特徴を有する絵画である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る