弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造伝覚範法印坐像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造伝覚範法印坐像

ここから本文です。

木造伝覚範法印坐像

木造伝覚範法印坐像

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
もくぞうでんかくはんほういんざぞう
員数
1躯
文化財の概要
木造寄木造彩色玉眼 
附 銘札 天保六年八月十一日在銘
指定年月日
平成8年12月3日
所在地
弘前市大字新寺町
所有者・管理者
報恩寺
 
薬王院十三代住職の覚範と伝えられる坐像である。本像の作者は不詳。覚範は、文化8年(1811年)に九代藩主寧親の命で信州善光寺から呼び寄せられ、東照宮拝殿の造営なども行なった。
体躯は複数の材を寄せ、内刳りが施される。頭部と両手を差し込み、面部と両手は、下地を施した上に胡粉を塗り、淡く肌色を塗り重ね、眉は毛描きで、唇には朱がさされており、かなり写実的な表情を見せている。袈裟や着衣には彩色で模様を表し、右手に錫杖、左手は独鈷(とっこ)を持っている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る