弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造勢至菩薩坐像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造勢至菩薩坐像

ここから本文です。

木造勢至菩薩坐像

木造勢至菩薩坐像

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
もくぞうせいしぼさつざぞう
員数
1躯
文化財の概要
 
指定年月日
平成11年10月27日
所在地
弘前市大字茂森新町四丁目
所有者・管理者
加福不動寺
 
合掌し跪座(きざ)する菩薩像で、柔らかい肉付けでありながら細身の体で、直立に近い姿勢をもつ。なで肩や膝の柔らかな張り、控えめな衣紋の表現、体躯に比してやや大きめの頭部などの特徴をもつ。
構造は体幹部に左右及び膝の部材を寄せ木し、頭部は差し首となっており、当初は瓔珞(ようらく)天衣(てんね)などがあった痕跡が認められる。また両手首から先と白毫珠は後補で、面部も近世に補整されているほか、面部と肉身部に補彩が施されている。
市内に現存する仏像中で最古の作であり、後世の補修を受けながらも気品のある姿態を伝える優れた仏像で、十二世紀後半の院政期の特徴をうかがい知ることができる貴重なものである。同寺には、信徒の寄進により伝わった。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る