弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 日本刀 銘 相模守藤原来國吉
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 日本刀 銘 相模守藤原来國吉

ここから本文です。

日本刀 銘 相模守藤原来國吉

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
にほんとう めい さがみのかみふじわららいくによし
員数
1口
文化財の概要
銘「相模守藤原来國吉」「寛文九年八月吉日」
長さ69.8センチメートル、反り1.3センチメートル、
茎長23.1センチメートル、目釘穴1個
指定年月日
昭和44年8月2日
所有者・管理者
個人
 
鎬造(しのぎづくり)庵棟(いおりむね)華表反(とりいぞ)り低い。(きたえ)板目よくつむ。体配豪壮にして地刃ともに健全である。作者の国吉は江戸で生まれ修業後、寛文初年(1661)四代藩主信政に召し抱えられ、同5年ころ弘前に移り、以来当地で鍛刀した。津軽三刀工の一人である。
本刀は、国吉自伝の法城寺派の鍛法をあますところなく表現しており、彼の作刀中抜群の秀作であるばかりでなく、津軽新刀期にあって現在のところ唯一年紀を有する作刀として貴重である。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る