弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 大脇差 銘 相模守来國吉
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 大脇差 銘 相模守来國吉

ここから本文です。

大脇差 銘 相模守来國吉

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
おおわきざし めい さがみのかみらいくによし
員数
1口
文化財の概要
銘「相模守来國吉」「心貫石州様」
長さ54.5センチメートル、反り1.1センチメートル、
茎長15.8センチメートル、目釘穴2個
指定年月日
昭和49年10月26日
所有者・管理者
個人
 
鎬造(しのぎづくり)庵棟(いおりむね)華表反(とりいぞ)り、上身表裏共(はばき)元にて丸留の腰樋と棒樋を彫る。国吉は、自作刀の作柄を刻銘によって区分している。それは、
第一級「相模守藤原来國吉」と切り、これに製作年号を入れる。
第二級「相模守藤原来國吉」と切る。
第三級「相模守来國吉」と切る。
第四級「来國吉」または「國吉」と切る。
したがって本刀は、国吉自身が第三級のものとみていたことがわかる。
しかしながら作者最盛期の作と思われ、国吉作刀中すこぶる豪壮な体配を持つ特異なものとして貴重であり、また意味は不明ながら、(ため)し銘を切った刀は当地作刀中稀有のことである。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る