弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 刀 銘 陸奥大掾橘盛宗
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 刀 銘 陸奥大掾橘盛宗

ここから本文です。

刀 銘 陸奥大掾橘盛宗

刀 銘 陸奥大掾橘盛宗

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
かたな めい むつだいじょうたちばなもりむね
員数
1口
文化財の概要
銘「陸奥大掾橘盛宗」
長さ70.5センチメートル、反り1.8センチメートル、目釘穴1個
指定年月日
昭和57年1月27日
所有者・管理者
個人
 
鎬造(しのぎづくり)庵棟(いおりむね)華表返(とりいぞ)り。(きたえ)板目。刃文は()の目丁字、(にえ)出来、砂流し交じる。(なかご)は刃上り栗尻。白鞘入り。寛文年間(1661~72)頃の作か。
陸奥大掾橘盛宗は、波岡北畠氏時代の刀工森宗系で、弘前藩抱刀工となった波岡森宗の五代目。俗名を助三郎。四代信政の命で陸奥大掾を受領したため、「森」を「盛」に改めた。以来森宗を姓にし森宗助三郎橘盛宗と称した。本刀は(なかご)の表裏とも残念ながら後世に擦られているのが惜しまれるが体配よく、地刃共に健全でよく冴え、盛宗の典型作といえる。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る