弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 日本刀 銘 奥州津軽波岡之住森宗
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 日本刀 銘 奥州津軽波岡之住森宗

ここから本文です。

日本刀 銘 奥州津軽波岡之住森宗

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
にほんとう めい おうしゅうつがるなみおかのじゅうもりむね
員数
1口
文化財の概要
銘「奥州津軽波岡之住森宗」「永正十三年(一五一六)八月廿一日」
長さ70.2セントメートル、反り2.4センチメートル、
茎長21.2センチメートル、目釘穴2個
指定年月日
昭和44年8月2日
所有者・管理者
個人
 
鎬造(しのぎづくり)庵棟(いおりむね)華表反(とりいぞ)り高い。(きたえ)肌板目流れ、肌よくつむ。刃文は皆焼(ひたつら)(にえ)よくつく。体配豪壮で地刃ともに健全である。
本作は古刀期に属し、相州伝によって鍛えられている。作者はその銘からみて、幕末まで続く刀工盛宗家の始祖初代森宗であろう。中世の津軽においてこのような優秀刀が製作されていたことは特筆に値し、また作者年紀等在銘の太刀そのものも、当地方の中世に関する貴重な資料である。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る