弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威具足兜付
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威具足兜付

ここから本文です。

紺糸威具足兜付

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
こんいとおどしぐそくかぶとつき
員数
1領
文化財の概要
附 櫃
指定年月日
昭和51年11月27日
所有者・管理者
個人
 
黒漆革包み紺糸縅、胸目綴(むなめつづり)二枚胴、草摺八枚の内の太刀佩き下の二枚は、
金小札緋縅(きんこざねひおどし)になる。
これは身分の高位を示す験で、本具足は十二代藩主承昭(つぐあきら)
が若い時に着用した
ものである。
十一代藩主順承(ゆきつぐ)には世継ぎがなく、養子承祜(つぐとみ)も17歳で病死したため、安政4年(1857)7月に熊本城主細川越中守齊護(なつもり)の四男寛五郎(のぶごろう)(17歳)を養嗣子に迎えた。初め承烈(つぐてる)と称し、安政6年2月順承が隠居したあと藩主となり、慶応元年(1865)承昭と改めている。
この具足は、承昭が津軽家の養子となった時の召領で、熊本において他家へ行く若君のために特別慎重に造られた越中流の具足である。

 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る