弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威五枚胴具足兜付
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威五枚胴具足兜付

ここから本文です。

紺糸威五枚胴具足兜付

紺糸威五枚胴具足兜付

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
こんいとおどしごまいどうぐそくかぶとつき
員数
1領
文化財の概要
 
指定年月日
昭和55年9月29日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
弘前市
 
形式は当世具足で、たたみ具足とも呼ばれたものである。兜は鉄製で後勝山六十二間、黒漆塗筋兜。紺糸縅三枚(しころ)、前立は半月。胴も鉄製で黒漆塗紺糸縅蝶番合せの五枚胴。同毛の草摺七間に同毛の袖。頬当、小手、脇楯、佩楯、篠臑当等揃う。櫃入り。兜の吹返と打出手甲にそれぞれ赤銅の津軽輪宝据紋がある。なお胴の真向と左脇の合計4ヵ所に鉄砲試の(しるし)があり、これはためし胴と呼ばれ、珍重された。この具足は、大将前具足である。
入念な作柄で在銘と思われるが、銘があると思われる部分の浮張がしっかりとしているので確認できない。幕末期の明珍作と推定される。喜多村家伝来で、五代から七代までの内の何れかの着領と考えられる。古武士の風格がある具足である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る