弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威五枚胴具足兜大袖付
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 紺糸威五枚胴具足兜大袖付

ここから本文です。

紺糸威五枚胴具足兜大袖付

紺糸威五枚胴具足兜大袖付

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
こんいとおどしごまいどうぐそくかぶとおおそでつき
員数
1領
文化財の概要
頬当銘「明珍紀宗賢 弟宗高作」
指定年月日
昭和56年7月13日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
個人
 
当世具足で様式はたたみ具足。兜は鉄製、漆塗錆色仕上げの後勝山六十一枚張六十三間の星兜、龍の前立、紺糸縅三枚(しころ)。胴は鉄、透かし花紋鉄鋲留の大札は漆塗錆色仕立、紺糸縅蝶番合せの五枚胴。胸板と背板に神号を透かした鉄板を鉄鋲で留める。同毛の草摺七間。同毛の大袖。頬当、小手、脇楯、佩楯、篠臑当揃う。櫃入りで大将前具足。吹返、大袖、小手の手甲に金銅製丸に二引の定紋金物を据え、手甲には梅枝に鴬の鉄金物も打つ。
銘の宗賢は、明珍五代目で藩具足師の棟梁であったが、その弟宗高が本作の作者である。幕末期の中級武士の具足で、宗高作は稀少価値がある。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る