弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 弘前城館神厨子堂
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 弘前城館神厨子堂

ここから本文です。

弘前城館神厨子堂

弘前城館神厨子堂

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
ひろさきじょうたてがみずしどう
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和38年3月20日
所在地
弘前市大字樋の口
所有者・管理者
個人
 
この厨子堂は、もと弘前城館神本殿に安置されていたもので、慶長16年(1611年)弘前城完成後、引き続いて館神社の造営がなされていることから、慶長から元和にかけて製作されたものであろう。
厨子は高さ68センチメートル、方一間で、屋根は入母屋造の木瓦葺である。柱は円柱で、組物は一手先の詰組、軒を 二軒(ふたのき)の繁垂木とし正面に桟唐戸を開いている。また柱上部から組物にかけての部分を極彩色に塗り、桟唐戸と両側面、更に内部全体に金箔を押している。
須弥壇には四周に擬宝珠(ぎぼうし)高欄が巡らされ、架木(ほこぎ)は高欄端で蕨手につくられている。全体を朱塗りとするほか、正側面の格狭間には卍紋が据えられている。
この厨子堂は、弘前城の守護神を納めたものとして貴重であり、また稲荷神倚像の背後に豊太閤坐像(市指定文化財)が安置されていた歴史も注目に値する。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る