弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 鉄鐔
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 鉄鐔

ここから本文です。

鉄鐔

 

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
てったく
員数
1枚
文化財の概要
銘「奥州津軽住正阿弥清明作」
直径 8.4センチメートル  厚さ 0.7センチメートル
指定年月日
昭和46年7月22日
所有者・管理者
個人
 
正阿弥は、室町時代末期に京都(一説に伊予国)で興った(つば)工で、江戸時代に入ると全国に波及し、江戸幕府の擁護を受けた甲冑師明珍系も及ばないほどその門派は広汎にわたった。
津軽で正阿弥と名乗ったのは、彫金工と鐔工の二家があったが、本作は江戸時代中期初頭、鐔工正阿弥家初代忠兵衛が製作したものと思われる。忠兵衛は近江国出身で、寛永11年(1634)京都において三代藩主信義に召し抱えられ、五十石を賜り津軽に来た人である。
この鐔は、鉄地丸形丸耳で瓢箪丸彫地透しとなっており、初代忠兵衛の傑作である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る