弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 神社微細社司由緒調書上帳
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 神社微細社司由緒調書上帳

ここから本文です。

神社微細社司由緒調書上帳

神社微細社司由緒調書上帳

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
じんじゃびさいしゃじゆいしょしらべかきあげちょう
員数
8冊
文化財の概要
 
指定年月日
昭和38年3月20日
所在地
弘前市大字銅屋町
所有者・管理者
最勝院
 
最勝院は、領内の寺社を統轄する僧録所。また弘前総鎮守八幡宮別当として領内の社人を支配。また、大行院を惣司として、領内の修験・座頭・梓巫女を支配した。明治の神仏分離により、大円寺跡の現在地へ移った。
本帳は、安政2年(1855年)から藩内における諸神社・神官の由緒等について書き上げてまとめたもので、万延元年(1860年)に完成したものである。
神社数は全部で1,133社にも及び、津軽の神社や社人を研究する上で重要な史料である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る