弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 文永の板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 文永の板碑

ここから本文です。

文永の板碑

文永の板碑

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
ぶんえいのいたび
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和40年9月14日
所在地
弘前市大字鬼沢字二千苅
所有者・管理者
個人
 
鬼沢字二千苅には、昔「石仏」という地名があったという。おそらく石仏と呼ばれた板碑があったからであろう。また二千苅の「刈」は、中世における田地の面積を表わす単位である。
この板碑は高さ111センチメートル、胎蔵界(たいぞうかい)大日如来種子ア()と文永四年丁卯九月十日の紀年号が、1行に刻まれている。風化のためか、梵字は深い薬研彫(やげんぼり)ながら輪郭が麿滅し、紀年号はかろうじて判読できる状態である。形姿内容ともに簡素であり、弱い筆跡や(たがね)跡には、造立の苦心のあとをしのばせるものがある。
文永4年(1267年)の年紀は、板碑のみならず金石文においても県内最古のものであり、その地名の由来も興味深い。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る