弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 国吉板碑群
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 国吉板碑群

ここから本文です。

国吉板碑群

国吉板碑群

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
くによしいたびぐん
員数
12基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和51年11月27日
所在地
弘前市大字国吉字村元
所有者・管理者
国吉史跡保存会
 
国吉板碑群は岩木川の西側、東目屋地区国吉の田の中に分散、埋没していた板碑を1ヵ所に集めたものである。12基のうち完全碑は6基、金剛界大日如来種子バン(バン)のみ判明している碑1基、残り5基は無文である。完全碑6基はいずれも安山岩で、種子は4基が阿弥陀三尊キリーク(キリーク)(阿弥陀如来)サ()(観世音菩薩)サク(サク)(勢至菩薩)、二基はバン(バン)である。()文が判読できるのは4基あり、法華経から3基、涅槃(ねはん)経から1基が引用している。また4基に、正和5年(1316年)文保元年(1317年)元応3年(1321年)嘉暦4年(1329年)の紀年銘が刻まれている。
現在、「目谷郷(目屋郷)」の文書における初見は建武2年(1335年)で、これらの板碑はそれより古く、また浄土宗の伝播を示す資料としても重要である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る