弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 三世寺板碑群
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 三世寺板碑群

ここから本文です。

三世寺板碑群

三世寺板碑群

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
さんぜじいたびぐん
員数
7基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和61年11月18日
所在地
弘前市大字三世寺字色吉
所有者・管理者
弘前市三世寺小山両地区神明宮史蹟保存会
 
三世寺一帯は、鎌倉時代鼻和郡尻引郷(しりひきごう)であり、藤崎安藤氏の領地であった。そしてこの地には、天台宗三世寺が独立丘陵に館を構えていた。同寺の大檀那は安藤氏で別当は熊野修験であり、したがって館は修験館である。
神明宮はこの館跡に位置し、境内に7基の板碑がまとまってあるが、もとは付近一帯に散在していたものである。7基とも安山岩に種子を刻み、5基は鎌倉時代末期から南北朝中期までの紀年号を有している。この中には2対4基の連碑(れんぴ)があり、そのうち1対は講衆碑(こうしゅうひ)である。また釈迦種子碑としては県内最古の年号を有する碑もある。
これらの板碑は、文書史料の乏しい当地方の中世の歴史を知るうえで貴重なものである。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る