弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 兼平天満宮の板碑群
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 兼平天満宮の板碑群

ここから本文です。

兼平天満宮の板碑群

兼平天満宮の板碑群

【市指定有形文化財】

 

 

康永三年の板碑
 
よみがな
かねひらてんまんぐうのいたびぐん
員数
7基
文化財の概要
 
指定年月日
平成3年11月30日
所在地
弘前市大字兼平字山下
所有者・管理者
天満宮
 
鎌倉時代から南北朝期までの紀年銘を持つ4基を含む板碑群。阿弥陀如来の種子キリーク(キリーク)と永仁4年(1296年)の年号を持つもの1基。同じく永仁4年の年号を持つが上部を切断され種子が不明なもの1基。康永3年(1344年)の年号を持つもの1基。この板碑の種子ヂーリは現在のところ本県で唯一のものである。観応4年の年号を持つもの1基。なお、観応は北朝の年号で3年9月に改元している。種子のみのもの2基。種子不明のもの1基。本県の中世文書資料の欠落を補う意味でも、これらの板碑群は貴重である。
7基の板碑の岩質はすべて安山岩である。所在地名の兼平は通称「兼平石」の名の由来でもある。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る