弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井神社の五輪塔
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井神社の五輪塔

ここから本文です。

乳井神社の五輪塔

乳井神社の五輪塔

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
にゅういじんじゃのごりんとう
員数
1基
文化財の概要
火輪 高さ42センチメートル 幅74センチメートル
水輪 高さ53センチメートル 幅75センチメートル
地輪 高さ21~28センチメートル 幅72センチメートル
指定年月日
平成8年12月3日
所在地
弘前市大字乳井字外ノ沢
所有者・管理者
乳井神社
 
乳井神社は、中世の津軽に力を持った福王寺の後身と考えられ、この五輪塔は以前、本殿の裏にあったものである。
比較的大形の五輪塔で、空・風輪は当初のものではなく、補修されている。火・水・地とも後部に破損が見られるが、押しつぶされた形の水輪の三面には種子が刻まれ、正面はバン(バン)である。
乳井城主の墓塔と伝えられるが年代が符合せず、五輪塔の年代はその規模や文献史料・板碑の存在から推定すると、津軽地方には少ない鎌倉時代の制作である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る