弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 伝安東義季一族の板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 伝安東義季一族の板碑

ここから本文です。

伝安東義季一族の板碑

伝安東義季一族の板碑

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
でんあんどうよしすえいちぞくのいたび
員数
2基
文化財の概要
【伝安東義季一族の板碑】
高さ103.0センチメートル、幅116.0センチメートル、厚さ20.0センチメートル
【伝安東義季一族の板碑】
高さ136.0センチメートル、幅69.0センチメートル、厚さ49.0センチメートル
指定年月日
平成3年11月30日
所在地
弘前市大字新法師字稔
所有者・管理者
個人
 
ともに金剛界大日如来の種子バン(バン)を刻む。現存する青森県内の板碑の主尊仏種子はバン(バン)が圧倒的に多い。
津軽地方土着の豪族である安東(安藤)氏は、福島城に拠って勢威を誇ったが徐々に南部氏に圧倒され、享徳2年(1453年)に狼倉(おいのくら)館に立て籠もった安東(安藤)義季が南部氏の大軍に攻められて自害し、滅亡したと伝えられている。この板碑は安東(安藤)義季一族の墓所から移されたと言われるものである。なお『岩木村郷土史』では狼倉館を新法師に比定しているが、これには異説がある。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る