弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 小野家墓所の板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 小野家墓所の板碑

ここから本文です。

小野家墓所の板碑

小野家墓所の板碑

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
おのけぼしょのいたび
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
平成10年11月27日
所在地
弘前市大字田町三丁目
所有者・管理者
弘前八幡宮
 
『陸奥古碑集』によれば、この板碑は以前に福田と新里の間の俗称「一本木」と称するところにあったと伝えられ、その場所は寺屋敷と呼ばれたという。昭和37年に田町四丁目の小野家墓地に移転し、道路拡幅のために再度移転したものである。
石質は安山岩で、阿弥陀如来の種子を月輪で囲んでいるほかは、銘文などの存在は摩滅のためか判定できない。
建立時期は、鎌倉時代末期から南北朝時代と思われ、板碑の旧位置から、三世寺―和徳―福村―福田―新里―岩館を結ぶ道路の存在が推察できる好資料である。
なお、現在の台座には「遠祖之墓」と題して、小野家と板碑の由緒が刻まれている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る