弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井古堂の板碑群
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井古堂の板碑群

ここから本文です。

乳井古堂の板碑群

乳井古堂の板碑群

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
にゅういふるどうのいたびぐん
員数
10基
文化財の概要
 
指定年月日
平成10年11月27日
所在地
弘前市大字乳井字古堂
所有者・管理者
個人
 
中世以来、乳井には福王寺があり、宗教面だけでなく地域の土豪としても勢力を誇っていた。
板碑のある場所は、毘沙門堂があった場所と伝えられ、石質は石英安山岩を主体に、自然石または若干の加工を施した程度で、金剛界大日如来を主尊とするものが多いが、薬研彫りで刻んだ阿弥陀如来の種子も見られる。
また、紀年銘では、正和5年(1316年)、貞和2年(1346年)などの年号を読み取ることができるほか、経文もあり、これらから毘沙門堂の存続時期などをうかがうことができる。
乳井神社の板碑群と共通する点も多く、薬師堂愛宕神社の板碑群などとともに、福王寺関連の貴重な資料である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る