弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 図像板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 図像板碑

ここから本文です。

図像板碑

図像板碑

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
ずぞういたび
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和57年1月27日
所在地
弘前市大字新町
所有者・管理者
誓願寺
 
この板碑は、大浦城跡本丸石垣から出土したものと伝えられている。全高130センチメートル、兼平石を用い、碑面左側二重郭線内に来迎印(らいごういん)の阿弥陀如来立像、右の郭線内に種子等を刻む。種子は金剛界大日如来を示すバン(バン)で、その下に「右之願者慈父七年悲母三十三年」「ぎふ法界平等之故也応安二二年七月日」と2行に趣旨及び紀年がしるされている。応安二二年は応安4年(1371年)のことである。
元来上方に図像、下方に銘文を刻むのが通例であるが、本碑では図像と銘文が並列しており、また阿弥陀如来と大日如来の二仏を彫るなど他に例をみない。上部が欠損しているものの特異な形式であり、南北朝時代の仏教信仰の一端を示す資料として貴重である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る