弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 光明真言庚申塔
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 光明真言庚申塔

ここから本文です。

光明真言庚申塔

光明真言庚申塔

【市指定有形文化財】
 
よみがな
こうみょうしんごんこうしんとう
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
平成5年4月26日
所在地
弘前市大字坂元字山下
所有者・管理者
坂元町会
 
総高122.5センチメートル(塔身107.5センチメートル 台座15センチメートル)、石質は安山岩、形状は駒形。
密教では、神秘性を保持するために梵字を翻訳せずに読誦(どくしょう)(陀羅尼(だらに))するのが通例であるが、光明(こうみょう)真言(しんごん)もその1つでこれを誦することによって一切の罪障を除くという。石塔の光明真言は、通常円形を描き下から左回りに24の梵字を連ねる。
近世に入り講集団によって光明真言塔の造塔を各地でみたが、弘前市ではこの1基のみ確認されているだけである。
本碑は、白蛇神社境内にあり、安永2年(1773年)の紀年銘を有する。碑面上部に光明真言を、中心部に不動の種子(梵字)を薬研彫で刻し、修験の介在を窺わせる。また、頂部を三角に、石碑表面を整形するなど本格的板碑形式を踏襲するものである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る